愛犬の困ったクセ

  1. TOP
  2. 愛犬の困ったクセ

吠え続ける、リードを引っ張るなどの困ったクセ。生後6ヵ月を過ぎ、心身ともに大人になってくると起こり始めます。
こうした困ったクセを、犬の行動学の世界では「問題行動」と呼びます。「うちの犬はダメ犬だから」などという飼い主さんがいますが、それは大きな間違い。問題行動には、犬の本能からすれば合理的な理由が隠れています。
例えば縄張り意識が強く、人が通るたびに吠える犬。飼い主が番犬を求めていれば、その行動は問題にはなりません。でもおだやかな家庭犬を求めていたら…。多くの場合、犬が悪いのではなく、本能的な行動が人間社会と合わないのが問題なのです。

吠えグセ

CASECASE

  1. 道で他の犬や人に吠える
  2. 来客に吠える
  3. 誰かと話していると吠える
  4. チャイムや雷など特定の音に吠える
  5. 散歩、食事の時間になると吠える
  6. ひとりにされると吠える
  7. 夜鳴きをする
  8. 何もしていなくても突然吠える
  9. あなたの帰宅時に吠える

吠える理由は?

  • 要求
  • はしゃぎ
  • 威嚇
  • 不満
  • ビクビク
  • 痛み
  • なわばり意識
  • さびしさ
  • 退屈
  • 興奮

POINT

犬は社会的な動物。吠えるのはコミュニケーションのひとつです。
ですが、吠えるよりもっと良い感情表現の方法を教えてあげればやめます。

噛みグセ

CASECASE

  1. 他の犬を噛む
  2. 来客を噛む
  3. 家具やスリッパを噛む
  4. 他の人や子供を噛む
  5. 叱ったときに噛む
  6. どかそうとしたときに
  7. お手入れのときに噛む
  8. 特定の人を噛む

噛む理由は?

  • リーダー化
  • 不快
  • ビクビク
  • 所有欲
  • なわばり意識
  • 狩りの本能
  • 遊び
  • 興奮

POINT

噛むのは犬の本能。子犬時代に正しい噛み方のマナーを学べなかったのかもしれません。
「噛みたい」気持ちをおもちゃに向けて。遊びでも人に歯を立てることは許さないで!

引っ張りグセ

CASECASE

  1. 散歩に出るといつも引っ張る
  2. 勝手な方向に行こうとする
  3. 特定の家族と出かけると引っ張る
  4. 他の犬に向かっていく
  5. 動くものを見ると引っ張る

引っ張る理由は?

  • はしゃぎ
  • 運動不足
  • リーダー化
  • 狩りの本能

POINT

引っ張る犬は元気いっぱいの証拠。引っ張り返すのは逆効果、思い切り運動させて元気を発散!
「リーダー化」していたら上下関係を築き直すためのしつけ直しが必要です。

飛びつきグセ

CASECASE

  1. あなたの帰宅時に飛びつく
  2. 散歩のとき通行人に飛びつく
  3. 遊んでいるときに飛びつく
  4. 嫌な命令をされると飛びつく
  5. 来客に飛びつく

飛びつく理由は?

  • はしゃぎ
  • 運動不足
  • リーダー化

POINT

「好きだから飛びついてくる」は勘違い。
「可愛いから」と飛びつくことを許し続けていると、やがて自分をリーダーだと思うように…。
大型犬も小型犬も、子犬時代に早めに直しましょう。

他の犬と仲良くできない

あなたの愛犬はどんなタイプ?

  1. 興奮しすぎるタイプ

    しっぽをふります。

  2. 威嚇・攻撃タイプ

    足をつっぱり、
    しっぽを立ててからだを
    大きく見せます。

  3. 過敏タイプ

    からだを低くして腰を引きうなり声をあげます。

  4. 臆病タイプ

    からだをちぢめて低くし隠れたり逃げたりします。

仲良くできない理由は?

生後8週目くらいまで
親犬やきょうだい犬と触れ合ってこなかった。
生後3ヶ月くらいまで
部屋の中で過ごすだけ。他の犬を見る機会もなかった。

POINT

犬は生後3ヶ月までの社会化期に、他の犬や外の世界との付き合い方を学びます。
この時期を過ぎると、知らないものに対し警戒心を抱き遠ざけるように。
ビクビク犬もガウガウ犬も原因は同じ「おびえ」 社会化をやり直して!

留守番嫌い

CASECASE

ひとりになると…

  1. 部屋を荒らす・ものを噛む
  2. 吠え続ける
  3. からだをなめ続ける
  4. ふるえる
  5. 粗相をする・吐く

留守番が嫌いな理由は?

飼い主と離れることに対して、強い不安や恐怖を感じる「分離不安」が原因です。

POINT

ほとんどは飼い主との関係を見直すトレーニングをすることで直せます。
犬との間に主従関係をしっかりと築き、犬も飼い主もお互いが自立することが解決の近道です。

問題行動の原因は?

はっきり言ってしまうと、犬の問題行動の原因は100%人間にあります。
「甘やかしすぎ」「悪いことをしても子犬だからと叱らない」など、原因は様々ですが、成長過程で覚えてしまった問題行動は、育った環境、周りの影響など、犬自身に問題があるのではなく、人間の方に問題があるのです。
犬は頭のいい動物です。一度覚えてしまった問題行動は、一生愛犬の中に残り、忘れることや直ることはありません。
ただ、噛んだり、引っ張ったりすること以上に楽しいこと、嬉しいことを教えてあげることで、問題行動を起こさないようにすることができます。
噛むのも引っ張るのも楽しいけど、飼い主さんには褒められない。
でも、噛むのをやめたら、ちゃんと横を歩けたら、大好きな飼い主さんに撫でて褒めてもらえる。
望月ドックスクール警察犬訓練所は、褒めるしつけで犬の「楽しい」「嬉しい」を引き出すしつけを行っています。
手に負えないと感じたらお気軽にご相談ください。

大切な家族です!責任を持って飼いましょう。

お問い合わせ

噛みグセ・吠えグセ・引っ張りグセから競技会への出場まで
愛犬のお悩みなら何でもご相談ください!

0553-48-2823

営業時間 8:00~18:00 無休

お問い合わせは、お電話でのみ受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください!

待ってるワン♪

望月ドックスクール警察犬訓練所

〒409-1204 山梨県甲州市大和町日影1539

0553-48-2823

営業時間 8:00~18:00